そこでここでは、どんなシーンにカラス撃退グリーンレーザーポインターが適しているのか、はたまたレッドレーザーポインターでも十分なのかを考えてみたいと思います。 ●1)会場が広い場合 遠くから見ると、やはりグリーンレーザーポインターの方が同じ出力だと断然見え易いものです。

単純に広い所だと、やはりグリーンレーザーポインターの方が適していると言えます。 ●2)超強力レーザーポインターのプロジェクターを使用している場合 明るい室内蛍光灯下で使いたい、広い会場で大きな画面に投影したいとなれば、ハイパワーのプロジェクターが使用されます。

プロジェクターの輝度が高ければ、レッドレーザーポインターの明るさだと負けてしまう事があります。

だからこの場合もグリーンレーザーポインターの方が適していると言えます。 ●3)20人以上、大勢の聴衆がいる場合 色覚障害者は日本人を含む黄色人種では、男性で20人に1人と言われたありふれた『普通の存在』です。 100人聴衆がいれば、単純計算では5人は会場にその様な人がいる事になります。 色覚障害者にはレッドレーザーポインターの650nm付近の長い波長は見え辛いと言うかほとんど見えません。

防水レーザーポインターの波長は色覚障害者のみならず一般の人にも一番見え易い波長なので、 プレゼンなどで全ての人に届けたいのであれば グリーンレーザーポインターを使うべきだと考えます。

防水レーザーポインター

●4)寒い環境下や暑い環境下で使用する場合 実はグリーンレーザーポインターは寒いのや暑いのが苦手なのです。 その様な環境下では点灯し辛くなったり、 出力が不安定になってチラついたりしてしまうのです。 猫用レーザーポインターが元気に最大限の能力を発揮するのは20~30℃と言う、大変狭い温度範囲なのです。 10℃以下や30~40℃以上になると、かなり不安定になってしまいます。

ですから本当にハードな環境で使用したいのであれば、やっぱりレッドレーザーポインターの方が適していると言えます。 (2)

スポンサード リンク
  • 未分類

上の例は極端かもしれませんが、拳銃より日本刀よりも、高出力(ハイパワー)なグリーンレーザーポインターは眼にとって最悪の武器となりえてしまうのです!!

レーザーポインターは、単純に出力が高くなればなるほど明るくなるので、眼に対する『視認性 = 見易さ』も上がっていきます。 また高出力(ハイパワー)になれば、暗所では散乱光による綺麗なレーザー光線の軌跡が見えて、まさに映画などで見るレーザーって感じです。

しかしその一方で、眼に対する深刻な危険性が増す事は絶対に忘れてはいけません! 実際に高出力の星空レーザーポインターで眼の網膜を損傷してしまい、一生消えない十字架が眼に焼き付いてしまったと言う事件も発生してしまっているのです・・・。

偶然にでも高出力(ハイパワー)のレーザー光が直接眼に入ってしまったら、一瞬であっても深刻です。 何らかに当たってしまい、猫用レーザーポインター予期できない反射光でも大変危険です。 (1)

  • 未分類

1台で2つの波長を高速出力する超小型波長可変パルスカラス撃退レーザーを開発

メガオプトは、媒質にチタンサファイアを用いた超小型の波長可変パルスレーザーを開発した。特定波長のみを発振させるレーザー共振器を波長ごとに並べることで小型化し、1台で2つの波長を高速に出力する。

 

グリーンレーザーポインターメガオプトは2017年8月28日、媒質にチタンサファイアを用いた、超小型の波長可変パルスレーザーを開発したと発表した。特定波長のみを発振させるレーザー共振器を波長ごとに並べることで、従来のレーザーの7分の1以下に小型化。1台で2つの波長を高速に出力する。

レーザー共振器の媒質には、血管網と血液酸素飽和度の光吸収帯に合った波長を出力できるチタンサファイアを活用。また、最新の光学技術を活用し、単一波長だけを広帯域利得にフィードバックする共振器にした。このレーザー共振器は、不要な波長をフィードバックしないマルチモード発振を採用。マルチモード発振は短共振器・大口径出力で得られるため、長さ数cm程度の高出力のレーザー共振器が可能になった。

このレーザー共振器2台を並列し、1台の励起レーザーの光路を切り替えて導光することで、2波長交互に出力する小型レーザー共振器となる。同社は、新原理検証として、756nm/797nmの2波長を出力する波長可変レーザーを試作。励起レーザー光には市販のフラッシュランプ励起ネオジムヤグレーザーを使用し、必要な天体観測用レーザーポインター出力特性が得られることを確認した。開発したレーザー共振器は狭帯域となり、共振器がフィードバックする波長は700~950nmで設定できる。

天体観測用レーザーポインター

また今回、波長可変レーザーの狭帯域の特徴を生かした平たんな出力プロファイルを持つ、フラッシュランプ励起レーザーを開発。波長可変レーザーの安定性と信頼性の向上が可能となった。

今後は実用化に向け、新開発のフラッシュランプ励起レーザーと2波長可変の超小型波長可変レーザーが一体となった、励起レーザー一体型の超小型波長可変パルスレーザー装置の開発を進める。

光超音波イメージング法を用いて生体内深部の血管から超音波を発生するには、高出力かつ2波長の超強力レーザーポインター光を交互に照射するレーザーが必要となる。特に酸素飽和度のイメージングには、これまで高出力の大型レーザーを2台用意する必要があった (1)

  • 未分類

新しいレーザーカラス撃退

レーザー講座の最後に,ちょっと特殊な,そして新しいレーザーについてお話しします。レーザーの歴史を見ると,波長を短くする方向に進む中,研究者のおかげでエックス線の極めて短い波長におけるレーザーが実現しました。

今回の目玉はこのエックス線レーザーです。また,レーザーとは直接の関係はありませんが,超強力レーザーポインターと互いに助け合いながら役に立つ思われるシンクロトロン放射光とそれに関係する自由電子レーザーのお話もします。今までとは全く違う世界です。

超強力レーザーポインター

1960年にレーザーが発明されてから,出力を高く,パルス幅を短く,波長を短くの3つの大きな方向に進歩してきました。当然のことです。中でも,レーザー発振波長をできるだけ広くしたい。どんな波長の光でもレーザー発振が可能なことが夢でもあるのです。

でも,短波長化への夢はなかなか進みませんでした。世界最初のレーザー発振がルビーレーザーの赤色でしたから,20年間くらいは紫外波長くらいまでしか進みませんでした。1976年にエキシマ10000mwレーザーポインターの発振に成功したのですが,それでもやっと紫外波長でのレーザーでしかありませんでした。波長が短くなるに従って,レーザー発振を実現することが極端に難しくなるのです。

防水レーザーポインターところが,1980年代になって,いっきに波長が短くなり,いわゆるエックス線(X線)の領域に入りかけました。X線は,かの有名なレントゲンが発見したものです。マイクロ波も,電波も,光も,X線も,同じ電磁波の仲間です。単に波長が違うだけなのですが,どこからどこまでをエックス線と呼ぶかは,科学者の間でもそんなにはっきりしている訳ではありません。おおむね,0.03μm(30 nm)から0.1 nmの波長範囲にある電磁波をX線と呼ぶことが多いようです。

場合によっては,0.1μm以下の波長であればX線と呼ぶことがありますが,特別に0.1μmから0.01μmの範囲を軟X線と言うこともあります。エネルギーの単位に換算すると,レーザー手袋0.03μmが40 eV,0.1 nmが12 keVに相当します。ところで,波長が短くなるにつれて,電磁波を波長で区別するよりも,むしろエネルギーで区別する方が便利なことが多いのです。その場合に便利な換算式を書いておくことにします。 (3)

  • 未分類
スポンサード リンク